本当に怖かった心霊スポット体験談 〜信じる信じないはあなた次第〜

ネットで見つけた心霊スポットの体験談を紹介していきます!

和歌山県, 関西地方

加太砲台

和歌山県の心霊スポット「加太砲台」にまつわる怖い話

和歌山県の心霊スポット「加太砲台」にまつわる怖い話

これは僕が初めて心霊体験をした時の話です。
僕の田舎は和歌山県で、海山に囲まれた自然溢れる田舎です。
太平洋に面しているので、戦時中は高台に弾薬庫や砲台があったり、外からの敵に備えて配置されていたそうです。

僕が小学生の頃、加太という地元では有名な海水浴場に合宿するというのが、うちの学校では恒例でした。
加太には全国でも珍しい人形を供養する神社があり、たまに髪が伸びる人形とかで心霊番組に登場します。

さらに、この土地には戦時中の弾薬庫や砲台があり、今でも当時のまま残されています。
ちょっと話が飛びましたが、そんな場所で合宿をするのです。
先輩からは合宿所に幽霊が出るとか、開かずの間があるとか怖い話を聞かされてました。

さらに、メインイベントとして、夜合宿所からさらに山奥に入ったとこにある弾薬庫で、肝試しを行うという行事があるんです。
これがハンパなく怖くて、倉庫内に蝋燭を灯し、怪談を行い、話が終わると蝋燭の火を一つづつ消して、どんどん暗くしていくんです。

その間、男女1人づつペアで懐中電灯持ち、弾薬庫から合宿所まで帰るという、一見愛が芽生えそうな行事なんですが…
山中には先生達が隠れて脅かしたりするので、ビックリしすぎて崖から落ちそうになったりする人もいるとか。

大体女子は半数以上泣いて帰ってきます。
男子も足がガクガクになります。
説明が長くなりましたが、想像して下さい。

ただでさえ、夜に山の中を歩くのすら怖いのに、弾薬庫で怪談話聞かされて恐怖がピークになってるんですよ?
大人でも怖いです。

さてさて、ここから本題です。
昼にバーベキューなどして、わいわい遊んで楽しんで合宿を満喫してました。
食べた後は夜に行く弾薬庫を見に行きました。

途中の道は本当に木々が鬱蒼と生い茂り、戦時中見つかりにくいような道になっていました。

「こんなとこ通るんだね~」

とかいいながらまだ余裕をかましてたんですが、その雰囲気は一気に不安と恐怖に変わりました。
怪談を行う弾薬庫に着くと、あまりの生々しさにみんな顔が強張りました。
先生が、

「ここで弾が不慮の事故で爆発してしまい、中の兵隊さん達がなくなられたんだよ。ほら、天井や壁に今でもその時の肉片や血が染み付いて取れないんだ」

弾薬庫は、大きさが10mくらいで奥行きがかなりありました。
そして、至るとこに血がべっとりとついていて、異様な雰囲気を醸し出してました。

ただ、子供の立場から見てもそれは人工的なものだとわかるような、ペンキの赤でした。
みんなは、

「なんや~!作り物やん!怖ない~」

って、言っていましたが、やはり薄暗い倉庫の中に赤い血の様なものは気味が悪いです。
若干霊感があった僕は、何かしらの違和感を感じていました。




そして夜。
いよいよ肝試し開始です。
時刻は夜の8時、辺りはすっかり暗闇です。

合宿所から列を作って、弾薬庫目指し歩いて行きました。
昼に通った道は、全く別の表情になり、月明かりすら遮る木々に囲まれ、先導の先生の懐中電灯の灯りしか見えないくらいでした。
もうすでに怖くて泣いてる子もいました。
僕も漏らしそうなくらい震えてました。

20分くらい歩いたでしょうか、目的の弾薬庫に到着。
中には両サイドの壁に5本くらいづつ蝋燭が灯されていて、薄暗く赤々と燃えていました。
その火に照らされて、天井の血糊が不気味に映し出されていました。

正直こんな恐ろしいとこに入りたくなかったです。
長椅子が数台置かれて、そこに順々に座っていきました。
背の順で並んでいたため、一番後ろの僕は倉庫内の一番奥に座らせられました。

この場所、かろうじて蝋燭の灯りが届くような、一番怖い特等席だったんです。
後ろを振り向くと、まだ奥行きがあり、深い闇が広がっていました。

『これは見てはいけない』

と思い、ひたすら早く自分の番が来るのを願ってました。
全員着席すると、合宿所のスタッフの人が前説をしだしました。

「毎年行っているこの肝試しですが、今回は少し様子が違いますね。ほら、風なんか吹いてないのに、蝋燭が揺れてますよ。この倉庫内で亡くなられた兵隊さん達が、集まってきているんですよ」

なんて、ふざけたこと言いやがって、ほんまに泣きそうになりました。
と、ここでアクシデント。
蝋燭が一本急にフッと消えてしまったんです。

これには全員キャー!!の悲鳴。
一本消えただけで、弾薬庫内はぐっと暗くなったんです。
さらに消えた火はつけないとかほざいて、暗いまま話が続きました。

スタッフの人が、地元加太で起きた実話の怪談をし始めました。
海水浴での事故、崖からの飛び降り、戦争の話等。
一話終わると一つ蝋燭を消す、外に出る順番が遅いほど暗闇に恐怖するんです。

五分おきくらいに二人づつ出ていくので、ラスト10人くらいはほぼ真っ暗…。
そろそろ僕の番だとソワソワしてた時でした。
一瞬背中の辺りに風が通った様な気がしました。

ぞくっと一気に全身に鳥肌が立ち、やばい!って感じがしました。
後ろを誰か通った。
誰もいないのに…、後ろは見ちゃだめだ、何かいる。
ガタガタ次第に震えだし、心臓がバクバクいいだしました。

…っっぅう!!

ふと目を横の壁に向けた瞬間、それは目に入りました。
壁にある幾つかの扉から、身を乗り出してこちらを向いている兵隊さんが!!
その姿はぼんやりと透明で、帽子と軍服を着ていて、表情は目が細くつり上がり、口は確認できなかったけど無表情の能面のようでした。

「っうぅっ!!」

声にならない声が出ました。
直ぐに目を閉じ、下を向いてこっちに来ないで来ないで!ってひたすら願いました。
その様子に気付いたのか、先生が近寄ってきました。

先生「どうした?」

僕「そこの壁に人が!」

先生「扉だけだぞ?蝋燭の灯りと見間違えただけやろ」

恐る恐る壁を見ると、何もなかった。
多分恐怖心から錯覚したんだろうと言い聞かせ、落ち着け落ち着けと深呼吸をしました。

……

………。

誰かが後ろから歩いてくる。

サッ、、、サッ、、

微かだが聞こえる足音。
他の人は聞こえてないみたいだ。

ザッ……ザッ…

足音はさらに大きくなり、斜め後ろまで近づいて来た。
その時、僕の番が回ってきて名前を呼ばれた。

『助かった…』

そそくさと前に行き、相手の女の子と弾薬庫を出ました。
残った友達から、

「泣くなよ~!」

って冷やかされたんで、

「うるさいわ!」

って倉庫内に振り向いたんです。

「わっ!!」

残り人数が少なくなり、誰も座っていない椅子の側にボーッと直立している兵隊さんを…。
10人くらい、暗くてはっきりわかりませんでしたが、横一列になってこちらをただ見つめていました。

文章が長くてすいません!それから、不思議な体験をするようになりました。
これがきっかけだったのかな。

コメントを残す

Theme by Anders Norén