本当に怖かった心霊スポット体験談 〜信じる信じないはあなた次第〜

ネットで見つけた心霊スポットの体験談を紹介していきます!

和歌山県, 関西地方

三段壁 その2

和歌山県の心霊スポット「三段壁」にまつわる怖い話

和歌山県の心霊スポット「三段壁」にまつわる怖い話

これはスキューバダイビングのインストラクターさんに聞いた話です。
大阪から、お客さんを乗せてインストラクターさんと車で和歌山にスキューバダイビングをしに行きます。
昼間みんなでダイビングして、夜は自殺の名所へ肝試しに行くのが流行ってました。

そこは和歌山では有名な自殺の名所で、高さ数十メートルの断崖絶壁。
目の前には広大な海。落ちれば終わりなのは一目瞭然。
街頭などなく、真っ暗で、薄暗く光る電話BOXがポツンとあるだけです。

その場所には、お悩み相談ダイヤルの張り紙(?)が電話BOXにあったり、自殺を食い止める為の看板などもあるそうです。
そんな場所へお客さん数名とインストラクターさんは行きました。
みんなワイワイ楽しそうに車で向かいました。




目的地に着いて、みんなでワイワイ楽しそうに車を降りて行くのですが、一人だけテンションの低い子がいました。
その場所をグルっと見て回り、また車で宿泊施設に戻るんですが、みんなワイワイしてるのに、やっぱりその子だけ何も喋らずテンション低めな感じでした。

インストラクターさんは気になって、宿泊施設に戻ってからその子に聞きました。

「途中から元気なかったけど、どうしたん?体調悪かったん?」

すると、

「いえ、大丈夫です。ただ、あの場所に着いた時から、インストラクターさんの足首をずっと掴んでる腕があったんです。」

って言われたそうです。
ちなみに『腕』は宿泊施設に着いた時には消えてたそうです。

コメントを残す

Theme by Anders Norén