本当に怖かった心霊スポット体験談 〜信じる信じないはあなた次第〜

ネットで見つけた心霊スポットの体験談を紹介していきます!

四国地方, 香川県

中村トンネル(旧立石隧道) その3

香川県の心霊スポット「中村トンネル(旧立石隧道)」にまつわる怖い話

香川県の心霊スポット「中村トンネル(旧立石隧道)」にまつわる怖い話

香川県高松市と木田郡三木町を結ぶ全長119.7mのトンネル。
高松市側の麓にある集落名から通称、中村トンネル(なかむらトンネル)とも呼ばれ、香川県で有名なお化けトンネルである。

中村トンネルの県内有数の心霊スポットである理由は、トンネルの手前に鎮座するお地蔵様が引き起こす様々な霊障と言われている。
トンネル入口の地蔵が笑っているように見えるとトンネルから無事に出ることはできない、帰りに事故に遭うという。




地蔵が鎮座する祠の扉が開いていたら、帰りに事故に遭う。
この他にも、女性の幽霊が出るという噂もある。

1990年(平成2年)11月30日、西側に「新立石トンネル」(香川県道38号三木牟礼線)が開通し供与が開始されたため、当トンネルはその旧道となり、地元住民を含め日常的に利用されることはほとんど無くなった。

コメントを残す

Theme by Anders Norén