本当に怖かった心霊スポット体験談 〜信じる信じないはあなた次第〜

ネットで見つけた心霊スポットの体験談を紹介していきます!

九州/沖縄地方, 佐賀県

三瀬峠

佐賀県の心霊スポット「三瀬峠」にまつわる怖い話

佐賀県の心霊スポット「三瀬峠」にまつわる怖い話

私が6年ほど通っている美容室のオーナーKさんから聞いた話。
Kさんは人柄もよく幅広い知識の持ち主で、いつも明るい笑顔を振りまきながら仕事に励んでいる。

そんなKさんに惹かれて通う常連客は多く、私もその1人なのだが、毎回様々な話を聞かせてもらう。
そんな中でも、たまに会話が怖い話になることがある。

Kさんは基本的には怖い話は苦手なのだが、自身が霊感体質ということもあり、過去に何度も不思議な体験をしている。
そして、美容室という環境上、お客さんからそういった話を聞くこともあり、苦手ながら心霊話は豊富に持っている。




そんなKさんが、ある時夜中に、家族全員で佐賀から福岡方面へ三瀬峠を通って帰ってくることになった。
三瀬峠は、過去何度か水難事故が起きている曲渕ダムがあったり、死体遺棄事件の現場になったこともあり、心霊スポットとしての噂も絶えない。
そんな場所であるため、

『いやだな』

とは思いつつ、なるべく外を見ないようにしてハンドルを握っていたKさんだが、ある場所に差し掛かった時、強烈な寒気に襲われた。
それは曲渕ダムの近くにある電話ボックス。

薄暗い中にポツンと立つそれに、Kさんは寒気とともに視線を奪われた。
そこには真っ黒な女がいた。

女は電話ボックスの外に立ち、体をまっすぐにピンと伸ばし、頭だけを電話ボックスにつけて斜めにもたれかかっている。
そして、着ているものから肌まですべてが真っ黒……。

まるでそこに女の形をした暗闇があるかのようだったそうだ。
あまりの気持ち悪さに急いで視線を逸らしたKさんはアクセルを吹かし、一気に峠を降りた。

ようやく街の明かりが見えたところで、家族にさっきの女のことを聞いてみるも、誰も見た人はいなかったそうだ。

コメントを残す

Theme by Anders Norén