本当に怖かった心霊スポット体験談 〜信じる信じないはあなた次第〜

ネットで見つけた心霊スポットの体験談を紹介していきます!

北海道, 南北海道

平和の滝

北海道の心霊スポット「平和の滝」にまつわる怖い話

北海道の心霊スポット「平和の滝」にまつわる怖い話

北海道札幌市にある心霊スポット『平和の滝』を紹介します。
札幌の三大心霊スポットである平和の滝、西岡水源地、小別沢トンネルのひとつです。

平和の滝は北海道札幌市西区平和の琴似発寒川にある『右股の滝』とも呼ばれる滝です。
落差は10mほどで手稲山登山口や大平和寺が近くにあり、パワースポットとしても有名です。

観光地として多くの人が訪れ、市街地にも近いので多くの市民も足を運ぶ場所です。
滝の入り口の横には相沢良(女性平和運動家)の記念碑が建てられています。

滝壺への投身自殺、公衆トイレでの焼身自殺、某S高校生による首吊り自殺など心霊スポットして有名になることには十分な事件が数多く起きている場所です。
また近くには霊園があるため肝試しの場所としても利用されるようです。




噂としては『滝を見つめたまま全く動かない不気味な人』や『とある樹木には無数の浮遊霊が集まる』などが有名なようです。
また『朝鮮人殉難者之慰霊塔』という石碑があり、戦時中に強制連行で犠牲になり亡くなった朝鮮の人達を祀っています。
そのため強制労働により亡くなった朝鮮の人達の霊が現れるのではないかという噂も存在します。

2012年3月、2ちゃんねるに『平和の滝』で起きた恐怖体験談が書き込まれています。
地元の高校2年生男女7人が平和の滝へ肝試しに行くことになった。
平和の滝へ着いた7人は、最初はワ~とかキャーとか騒ぎながらはしゃいでいた。

しかし、その内に誰も喋らなくなる。
声が出せなくなったのだ。

そして何かの力で自然に体が動かされ滝の前まで連れてこられる。
暗闇の中、滝の前には体育座りをして背を向けている男の子が見える。

なぜか『あんたがたどこさ』のメロディーが聞こえ始める。
すっと男の子が立ち上がりこちらに向かって歩いてくる。
顔を見たら死ぬ、というのが7人には分かったらしい。

「逃げろ!」

体が動くようになりみな一目散に走って逃げた。
『あんたがたどこさ』は流れ続け、聞こえなくなるまで走り続けた。

顔を見たらどうなっていたのか…
今でも怖くなるらしい。
このような話がたくさんある心霊スポットです。

コメントを残す

Theme by Anders Norén