本当に怖かった心霊スポット体験談 〜信じる信じないはあなた次第〜

ネットで見つけた心霊スポットの体験談を紹介していきます!

愛知県, 東海地方

旧本坂トンネル その3

愛知県の心霊スポット「旧本坂トンネル」にまつわる怖い話

愛知県の心霊スポット「旧本坂トンネル」にまつわる怖い話

まだ年号が昭和と呼ばれていた頃の話です。
土曜の夜に暇だしドライブでもしよかって、男3人女1人の変則編成で静岡県の奥浜名湖にある本坂トンネルってところへ行ったんですよ。
もちろん出るって話を聞いて物見遊山気分で。

そのあたりは珍走の人たちのメッカでもあるんで、深夜の山道でも車通りが多くてそんなに怖くないんですね。
そんで、まあ紅一点のおねーちゃんとにかく怖がらせようってんで、適当に暗がり指差して

「うおーアレはなんだー!」

見たいに馬鹿言ったりしながら現場に向かったわけです。
それで、なんだかんだ2時頃に現場に着いて、さすがにその時間帯では車通りもまばらというか10分20分スパンでは何も走って来ず静かな場所なんですね。

とりあえず(車を)降りて歩こうぜ、ってわけでトンネル前に車を止めて、100Mくらいのトンネルなんですけど山奥でまったく明かりとかなくて、暗闇っつうより中に黒い靄が立ち込めた感じで心なしか空気も寒く冷たく気のせいだろうけど邪悪な気が満ち満ちてって感じで、トンネルの先の出口だけがかすかに白くぽぅって明るいのかなって、そんな感じなんです。

で、文章上手くないんで、くだけた語り口にさせてもらいますけど、まぁほんと怖いんですよ。
3歩先くらいからもう見えねーって感じなんで、男3人みんな10Mくらい入って、

「だめだこりゃ怖くていけねー」

って走って戻ってきて、まだこの時点ではみな笑う余裕があったんです。
紅一点はトンネルの出口でカーラジオ大音量でつけっぱなしにして、

「もーいいよー帰ろうよー」

って。
それで、みんな出口に戻ってどーするどーするって相談することにそれで紅一点が

「声がする」

って言うんですね、獣とか物音でなくって意味はわかんない。
だけれど人っぽい声がしたんだって。

まぁ心霊スポット行くのは初めてじゃなし、状況的にはありがちなケースなんですけれど、その子はいわゆる霊感ちゃんでなくって、極めてリアリストな子でしたから僕らもビビりましてね。
とりあえず怖がらせようなんつー初期目的なんてのは、そん時にはすでにとーにどっかいっちゃってますから、

「バカヤローそんなことあるわけねえじゃんか!」って

とりあえず大慌てにダッシュで全員、車に戻って、窓ぴっちり閉めて

「これで幽霊も入ってこれないぞ」
「アホ、幽霊は空気じゃないんだから油断すんな!」

って。
いま思えばネタみたいですけどそんときゃ真剣な会話で。
それで、とりあえずここまで来て帰るわけにはいかないだろうって、カーラジオ全開でとりあえずトンネル抜けるだけは抜けようよ、と。




土曜の夜の若気の至りみたいなおバカな結論を出しちゃったんですね。
それで、いざ突入ってトンネルに数メートル入ったとこで、カーラジオが突然消えたんですよ本当にマジでいや無音になるっつうんでなくて、それも怖いけれど、いわゆるノイズっつうんですか、例のテレビ放送終ると流れる砂嵐みたいなザーとキーンが混ざったような、
そこで女の子が

「やーんまた声が聞こえるぅ」

なんて言うんで、もうそこで全員、大パニックで。

「うおー、アクセル踏め!」
「早く抜けろ馬鹿」

って。
自分は覚えてないんですけれど運転者の後の証言では、

「ヘッドライトが前を照らさずトンネルの天井照らした」

なんて言ってましたね。
さすがに物理的にもそれは有り得ないと思うんですけれども。

運転手もいわゆるウロがくるっていうんですか、足ガクガクでアクセルもロクに踏めない状況で。
そんで、みんながてんでに悲鳴あげつつ、体感的にはものすごい長時間をかけて、トンネルの出口にようようとたどりつき、

「うおー、止まるなー」

さっさとここから遠ざかるんだって。。
ところがそれでトンネルを抜けたとたんにね。。
さっきから周りを覆っていた黒い靄のようなものがぱっと晴れたんですよ。

ほんともうきれいさっぱりに、あ、さっき思ってたより周りぜんぜん明るいじゃん、て。
空気が変わるっていうんですか、いきなりモノクロからカラーの世界に戻るみたいに。

そこに丁度、ほんっと丁度その直後に、当時全盛を誇っていた田舎珍走の一団がブォーって走ってきたんですよ、その時ほど彼らの爆音を頼もしく思ったことはないっていうか。
何でトンネル抜けるまで彼らの接近に気付かなかったのか。

もしかして自分たちは異世界に取り込まれていたんでないかってのは、そん当時、思いもしませんでしたが。
しかもまあ、その走ってきた珍走のリーダーが僕らの中学の同窓で、

「オイなんだおまえら何やってんの?」

って、声かけてきて一気に周りの空気が横浜銀蝿化したってボケはさて置くとしても、まあ、その夜は当然のようにそんなトンネルなんか引き返さず、なんとか人心地もついたってことで、浜名湖をぐるっと廻ってドライブインでのんきに飯くって、紅一点のおねーちゃんは家に送り届けて運転者の家まで戻ったのが明け方頃。

それで、ここからがいかにも嘘くさくてありがちで、本当に言いたかなかったから今まで飲み会とかネットでも話したことがなかったんですけれども。

そのときの車、まぁジープだったんですけど、鳶の息子の所有で現場とか平気で乗ってくんで、埃まみれ泥まみれで汚れがべったり付いたようなドロドロの状態になっていたんですね。
擦ると絵でも描けそうなくらいに。

それで朝、うおー、バカバカしくもエキサイティングな夜のドライブだったぜって、若気の至りに苦笑しながらみたいな気分で車を降りてみたんですが、その車の汚いボディにですね、子供が書いたみたいに拙い筆致で◎や△、□のような記号がいや、もーちょっと複雑な甲骨文字っつうんですか?

古代の象形文字みたいなの、もちろん読めないんだけれど、あきらかに意図や意思を持って書き込まれたって気配ありありな、そういう明らかに人為的な文字が引掻いたようにびっちりとドアからトランクから天井に至るまで刺青みたいに。。

まずはどう感じたかと言えば耳なし芳一ですね。。
ほんと全身埋め尽くさんとばかりな嫌な波動や執念感じたっつうですか、もう生理的に気持ち悪くて

「うわー、なんじゃこりゃー」

って、その時はもちろん驚いたんですけれども、もう朝だし眠いしハイだし疲れていて面倒くさいこと考えたくなくて、要するに驚かなかったことにして、自分さっさとそのまんま家帰って寝ちゃったんですけれどもね。

それ以降、その4人のメンツの誰一人として、ことさらな恐怖体験や不幸に遭ったという話は聞きませんし、怪談というほどの話ではないのかも知れません。

コメントを残す

Theme by Anders Norén