本当に怖かった心霊スポット体験談 〜信じる信じないはあなた次第〜

ネットで見つけた心霊スポットの体験談を紹介していきます!

奈良県, 関西地方

天理SA付近の高速道路

奈良県の心霊スポット「天理SA付近の高速道路」にまつわる怖い話

奈良県の心霊スポット「天理SA付近の高速道路」にまつわる怖い話

これは私が学生時代、かれこれ10数年前の出来事です。
当時、私は名古屋で下宿しており、盆と正月には決まって関西の実家に帰省しておりました。

ある正月休みに友人7人と連れだって12月31日の夕刻より伊勢方面へ初詣に行くことになりました。
私は友人AのマツダRX-7に同乗させて貰い、残りの5人は2台の車にそれぞれ分乗しました。

伊勢での初日の出、初詣と順調に予定をこなした私たちは1日の夕刻には西名阪自動車道を大阪方面へと向かっておりました。
殆ど徹夜で車を走らせた運転手を気遣って途中のSA(確か天理SAと記憶しております)で休憩を取ることになりました。

夕刻の山の頂上付近のSAの冷え込みはきつく、それぞれ缶コーヒーなどを買い、すぐに車に戻ると車中でしばし休憩しておりました。
同乗していた友人が

「カメラのフィルムが余ってるから、ここで全部使おう」

と言いだしました。
でも流石に車外に出るのは寒く、お互いの車を移動させ窓から身を乗り出して、乗車したままのシーンを撮影しました。
そしてカメラを他の車に順番に渡し私たちも写真を撮って貰いました。
と、ここまでが前置きです。




翌日、私と一緒に乗車していた友人Aと飲みに行くことになりました。
行き先は大阪の難波。

一軒目、二軒目と飲み歩き、道ばたのデジタル時計を見ると11:11(23:11)になっておりました。
更に難波の繁華街をぶらぶら歩き、何気なくさっきとは違う場所のデジタル時計を見ると今度は1:11になっておりました。

夜も更け帰る足を無くした私たちはサウナで泊まることになり、サウナビルに入る前にビルにかかったデジタル時計を見ると2:22、何故かこの日は時計を見る度にゾロ目でした。

そしてサウナで一風呂浴びた私たちは、だだっ広いサウナの休憩室で雑談をしながらビールを飲んでいましたが、ふと正面の壁に掛かっていたデジタル時計に目をやると『3:33』でした、とその瞬間!
私たちの目の前にあったテーブルの上の灰皿が30cmほど浮き上がったのです!!

「ええ?今の見た??」

と友人に問うと友人も驚いた顔をして大きく頷いておりました。
この晩はこれ以上変わったことが有りませんでした。

そして正月休みも終わり名古屋に戻ったある日、友人Aから電話がありました。
Aは

「あの時に撮った写真に写ってるねん」

と言います。
私が

「何が?」

と問いただすと

「幽霊や!」

と答えました。
驚いた私は早速その写真をAに郵送して貰い確認しましたが、二人乗車の車の筈が、私とAとの間に確かにおかっぱ頭の少女の顔がくっきりと写っていました。

その後は私にもAにも霊障などはありませんが、やはり憑いて来てたんでしょうね。
未だにゾロ目のデジタル時計を見るとゾッとします。

コメントを残す

Theme by Anders Norén