本当に怖かった心霊スポット体験談 〜信じる信じないはあなた次第〜

ネットで見つけた心霊スポットの体験談を紹介していきます!

栃木県, 関東地方

矢板トンネル その3

栃木県の心霊スポット「矢板トンネル」にまつわる怖い話

栃木県の心霊スポット「矢板トンネル」にまつわる怖い話

栃木では有名な心霊スポット『矢板トンネル』。
かつての東武矢板線の一部である。

正式名称は『柄堀トンネル』である。
何時頃から心霊スポットとして噂されてるのか定かでは無いが、6年前に崩落の危険性が叫ばれ閉鎖。




閉鎖される前は、トンネル内部で車を停めクラクションを鳴らすと言った、トンネル特有の肝試し行為も行われている。
知人の30代男性によると、高校生時代の時からクラクション行為の噂は聞いていたらしいので、かなり前から心霊スポットとして訪れていた人は多かったのかも知れない。

昨今、矢板トンネルは消滅した。
『完全に塞がれた。』との噂も流されていた。

確認の為に訪れた結果、片方の坑口は完全に塞がれてはいたが、もう一方は塞がれていないので侵入は容易に出来る。
内部に入った感想は、片方の坑口が塞がれている為に、空気(風)の流れが無い。

歩く度に土埃が舞い、吸い込んでしまう可能性が多い。
案の定、思いっきり吸い込んでしまい大変な目に遭った。
侵入する際は、充分に気をつけて!!

コメントを残す

Theme by Anders Norén