ネットで見つけた心霊スポットの体験談を紹介していきます!

四国地方, 高知県

赤良木トンネル

高知県の心霊スポット「赤良木トンネル」にまつわる怖い話

高知県の心霊スポット「赤良木トンネル」にまつわる怖い話

高知県の土佐町から土佐山村に抜ける赤良木トンネル付近の事です。
先日、友人Mと高知市内へ遊びに行こうとした時ですが、南国市在住のMは工石越えをしたことが無く、ルンルンで走っていました。

トンネルが近づいてくるとMが無口になりました。
ところが、トンネルに入った瞬間

「いやぁ~、はようはよう、早くしてッ!」

と、気が狂ったようにカセットのスイッチを入れました。




「いや!聞こえる!はようかかって」

と車をたたき、M自身には聞こえるらしい音を、音楽で消そうとしていました。
あいにくMが運転で、前に乗用車が走っていてそれ以上スピードを出すこともできず、私が

「気にせられん。落着きや」

と言いながら進んで行きました。
M曰く、

「トンネルの上に家がある。人が住む家かどうかは分からないが建物があったはず。そこに何かあったはず。」

帰って夫に聞いたところ、昔その上にある会社の建物があり、そこで亡くなった人もいるらしいです。
それに、その山一帯には呪い山と呼ばれる山があって、そこの採石場で何人かがケガをしたり亡くなったりしているそうですし、渓流釣りに入っていると鈴が鳴ったり、人が呼んだりするそうです。

コメントを残す