本当に怖かった心霊スポット体験談 〜信じる信じないはあなた次第〜

ネットで見つけた心霊スポットの体験談を紹介していきます!

九州/沖縄地方, 鹿児島県

屋久島 その2

鹿児島県の心霊スポット「屋久島」にまつわる怖い話

鹿児島県の心霊スポット「屋久島」にまつわる怖い話

屋久島を旅したとき、現地旅館のおかみから聞いた出来事。
ある女子大生(だったと思う)が縄文杉を目指して山道を歩いていました。

縄文杉までは普通に歩いても4時間から5時間くらいかかるらしくて、出発の遅かった彼女は縄文杉を見たその帰り道で日暮れてしまいました。
そうした時にはその場でキャンプする登山者も多く、彼女も例に漏れず、キャンプを張りました。

その夜、疲れですっかり眠っていた彼女を起こすものが…。
眠い目をこすりながら見ると誰かがテントを叩いている。

そのうえ、外からは結構遅い時間だというのに一団が『ザシザシ』と山道を登る音がする。
ややあって、

「一緒に縄文杉見に行きませんか?」

と。
彼女にしてみればもう昼間見たし、今はそれより眠りたいという状態だったため、

「いえ、結構です」

と淡白に断わりました。
テントを叩く人はその言葉を聞き、行ってしまいました。




『こんな遅くによく登る…。』

その時、彼女はそう思ったらしいのですが、様子のおかしさに気付いたのはしばらくしてからでした。
どこかの一団が登っていると思われるその音は、夜通し聞こえるのです。

何時間たっても自分のテントのすぐ横の道を、誰かが歩いているという感覚がはっきりわかるのです。
『ザシザシ』と土を踏む音に恐怖を感じた彼女はそのまま寝袋にくるまって夜を明かしました。
夜が明けて早々に下山し、宿に帰ってきた彼女は、おかみに

「もし、言葉に誘われるままについて行ってらどうなってたのか…」

と語ったらしいのです。
自然がそのままの姿で残り、神秘的で、精霊などの存在をそのまま信じられそうな場所ですから、このような幽霊同行みたいな話が出てきてもおかしくない気がしますし、実際にその手の話は沢山あるらしいです。

ただ、本当に自然の美しさや神秘に触れることの出来る素晴らしい所なので、このような話に妙な偏見をもたないで島の素晴らしさを感じていただきたいと、おかみも申しておりました。
私もそう思います。

コメントを残す

Theme by Anders Norén