本当に怖かった心霊スポット体験談 〜信じる信じないはあなた次第〜

ネットで見つけた心霊スポットの体験談を紹介していきます!

三重県, 東海地方

鱒池亭(ますいけてい)

三重県の心霊スポット「鱒池亭(ますいけてい)」にまつわる怖い話

三重県の心霊スポット「鱒池亭(ますいけてい)」にまつわる怖い話

田んぼに囲まれた県道2号線を奥山川沿いにある奥山愛宕神社へ向かう。
車一台が通れるくらいしかない細い山道を辿った所に鱒池亭という廃料亭旅館がある。

鱒池亭に行くには、すぐ脇を流れる渓流を渡る必要があるが、板が腐食して底が崩れて穴が開いた橋を渡らなければならない。
さらに廃墟内も天井や階段は崩れとても危険。




鱒池亭は三階建てで、旅館は1990年代の終わりごろには廃業したと噂されている。
詳細は不明だが、一部の説によると観光客に川魚料理などを提供していたが、経営に行き詰まり一家心中が起きたために廃業したというウワサが立ち、三重県内でも有名な心霊スポットとして知られるようになった。

また、旅館主がアルバイトの女の子と不倫関係になり、女性との間に子供を身ごもってしまったが、子供を産めない運命を呪い川で入水自殺をしたのだという噂もある。
近くを通るとうめき声が聞こえてくるのだという。

廃墟となってからは一家の怨念が廃旅館に憑りつき、姿を現わすといわれている。
肝試しにやってきた者のなかには、何者かが建物から迫ってくる気配がしたとか、帰りに誰かが後ろからついてくる感じがしたという体験談がある。
また、男女の幽霊も度々目撃されているらしい。

コメントを残す

Theme by Anders Norén