ネットで見つけた心霊スポットの体験談を紹介していきます!

栃木県, 関東地方

鬼怒川ライン下り

栃木県の心霊スポット「鬼怒川ライン下り」にまつわる怖い話

栃木県の心霊スポット「鬼怒川ライン下り」にまつわる怖い話

子供の頃に家族旅行で日光に行った。
その時に自殺の瞬間に遭遇したことがある。

日光名物鬼怒川ライン下りってあるじゃん?
あれに乗ることになった。

すごい急流でジェットコースターみたいに揺れるから、怖いながらもはしゃいでた。
子供だったから大人に挟まれる形で真ん中にいたんだけど、それでも水しぶきがかかるくらいの激しさだった。

川の中流くらいだったかな。
前方に高い鉄橋が架かってて、その上から誰かがこちらに向かって叫んでる。

橋の高さがありすぎて、マッチ棒くらいの大きさでしか見えなかった。
逆光で顔とかも判断できないし、川の音がうるさくて言葉も聞き取れない。

『最初は何言ってんだ?』くらいにしか思わなかったんだけど、だんだん鬼気迫るものを感じて怖くなってきた。
舟に乗ってたみんなも軽くざわめきだした。




それでも川の流れで橋に近づかざるを得ない。
そいつはまだ何か叫んでたんだけど、舟が橋のたもとにさしかかった時

「落ちる」

それだけ聞き取れた。
その瞬間に前方右側に何かが降ってきた。
白い水柱が立って最初は何かわからなかったんだけど、その後水面に浮き上がってきたのは人間だった。

髪が長い白いスカートの女が、うつ伏せに浮いて舟のすぐ隣を流れている。
そこで隣にいたばあちゃんに目を塞がれて抱きしめられた。

「見ちゃいけない。」

そう言われてあとは覚えていない。

後日に聞いたのはその女は自殺だったらしいということと、川底の岩にやられて即死だったということ。
でも自分の記憶だと、橋の上で叫んでたのは男だった気がするんだ。

まあ小さかったから、記憶違いかもしれない。
それ以降は日光には行っていない。

いまだにあの橋と、水面に浮き上がってきた女が夢に出てくる。
軽くトラウマだわ。

コメントを残す