ネットで見つけた心霊スポットの体験談を紹介していきます!

東海地方, 静岡県

大崩海岸

静岡県の心霊スポット「大崩海岸」にまつわる怖い話

静岡県の心霊スポット「大崩海岸」にまつわる怖い話

静岡市と焼津の国道150号線には、大崩海岸があります。
ここは、昭和40年代に崖が崩れ、それに巻き込まれた自動車が崖下に転落し、乗っていた方が犠牲になった場所です。

現在もなお、その事故跡が錆ついたまま残っています。
そして、今の道路は海に乗り出したカーブによって迂回されていますが、そこは日中の昼間でも不気味な雰囲気が漂っており、通行量もかなり少ないです。




8年前、私は自転車でここを通り、写真を撮りました。
そして、現像して写真を見ると、崖が崩れた道路(吹き抜けトンネル)部分に、人が写ってました。

だいたい40代前後の男性で、頭のみ写っていて、顔色は茶色がかっており短髪でした。
たぶん、成仏しきれていない霊が写ってしまったようです。

そして、150号線をさらに進むと、黄色いワーゲンが朽ち果てていました。
実はその車には霊がおり、何人もの人が霊を目撃したそうで、私の兄も見たそうです。
現在、その車があるかどうか分かりませんが、今でもこの付近は不気味な雰囲気です。

コメントを残す