ネットで見つけた心霊スポットの体験談を紹介していきます!

中国地方, 山口県

防府天満宮

山口県の心霊スポット「防府天満宮」にまつわる怖い話

山口県の心霊スポット「防府天満宮」にまつわる怖い話

以前、家族と山口県を旅行したときの防府天満宮での話です。
そのころ私の家族は両親と姉が福岡に住んでいて、私は関西に一人暮らしをしていました。

防府に三大天満宮の一つがあるというので、行ってみようということになりました。
もともと福岡の太宰府天満宮には遠足などで出かけたり初詣に行ったりと馴染みが深く、私自身は関西に居たこともあって、京都の北野天満宮には梅を観に出かけたりしていたので、最後の3番目に行っておきたいということになったのです。

ところで、防府の天満宮は神殿が高台になっていて、途中から石段をあがって行くようになっています。
あがりきったところは見晴らしもよく、史跡が大好きな私はごきげんでした。
宝物殿を見つけ

「入ってみたい」

というと、それまで黙ってついてきていた姉が突然

「嫌だ」

というのです。
史跡などに興味がないから嫌がったのだと思った母が、強引につれて3人で入ったところ、姉が

「気分が悪い…」

と言いだしたのです。
ここの宝物殿は高台の端にあって、2階ではなく地下に入っていく造りになっています。
こういう構造の建物は初めてだったので不思議に思ってはいたのですが、確かに中は薄暗く、あまり気分のいい感じではありません。

展示物のほとんどは行事の時に使われる品や奉納された額などで、よその宝物殿にくらべ、あまり見所が無いように思っていました。
姉が特に嫌がったのは行事につかう御輿でした。
2台あり、あまり綺麗とは言い難い状態でした。

でも、もともと古い物なのだから気にならなかったのですが、姉はそれを見ることもできないというのです。
ほかの展示物をそうそうに見終わって外へでたのですが、私と母は一応地下1階も見ましたが姉はついに降りてきませんでした。




天満宮を離れ、別の目的地に行く途中、初めて話してくれたのですが、姉は以前、人に霊能力があると言われたことがあったそうなのです。
それを本人が無意識に押さえ込んでいるらしく、普段の生活には全く出てきません。

ただ、どうしても行きたくない方向とか建物とかが、ごくたまにあるそうなのです。
それで実は前々から天満宮とは相性が悪いように思っていたそうなのです。

「太宰府があまり好きではない」

と言うのです。

「いやーな感じがする」

と言うだけで説明するのも嫌な様子で詳しくはそれ以上教えてくれませんでした。
古戦場とか自殺の現場とか、そういうところでの話ならともかく、神社が嫌いとはいったいどういうことなのでしょう。
そういう例を聞いたことがないのです。

ちなみに両親と私にはそういう力は一切ないです。
親戚にもそういう話はほとんど聞いたことがありません。

両親はむしろそういう話を信じないでバカにしているくらいです。
私には力のある友人が何人かいますが、一緒にいて引きずられたことは一回もありません。

コメントを残す