ネットで見つけた心霊スポットの体験談を紹介していきます!

中国地方, 広島県

南原峡(明神三連トンネル) その2

広島県の心霊スポット「南原峡(明神三連トンネル)」にまつわる怖い話

広島県の心霊スポット「南原峡(明神三連トンネル)」にまつわる怖い話

僕の地元には、南原峡という広島では相当有名な心霊スポットがあります
まぁ、有名なだけでただ封鎖されたトンネルが3つあり、その先にダムがある。
といういかにもという場所でした。

少し霊感のある僕にとってただのみせかけだけの場所という印象でしかなかったんですがその勘違いがしなくてもいい恐怖をさせてくれました。

僕はそん時、大学生で高校の友達と三人で飲んでいました。
すると一人が、高校の時の開かずの間があるという話をして、僕の心霊体験などを話していたら雰囲気は心霊ツアーに行こうぜ!!!というノリでした。
正直馬鹿です。

有言実行で飲んでいない僕の運転で南原峡へと車を進めました。
その車での会話で

「幽霊でたら小一時間しばいて正座でさせて説教してやる!」

と、気分はアゲアゲです。
そして、封鎖されたトンネル前の柵をこえて、携帯の明かりを頼りにいかにも幽霊の「出そうな」トンネルをこえて行きました。

一つ、二つ目のトンネルをこえて三個目のトンネルにさしかかったところ、妖怪レーダーではないですが、何か違和感を感じました。
そこだけ寒いとかではなく、生暖かいような空気が僕の身を包みました。
すると

「チリーン」

と鈴の音が聞こえました。
しかし2人には聞こえていないみたいで『出てこいや!』みたいなノリで楽しそうに歩いていきました。

でも、聞こえている鈴の音が鳴り止まないのです。
しかも、どんどん生暖かい空気はよりリアルに感じ取れていました。




さすがにやばいと思い、2人を呼びつけ、いま僕の身に起こっていることを伝えると20m先ぐらいに小さな光が見えました。
思わず

「やばい走れ」

と叫び、ダッシュでトンネルを走りました。
友達は

「ハァ?」

見たいな感じでした。
でも、僕は必死でした。
友達を見捨て二つ目のトンネルを抜け最後のトンネルを抜るまで鈴の音は消えませんでしたが、トンネルを抜けると音が鳴り止みました。

そして、車に逃げるように非難しました。
僕に1、2分遅れて友達が顔を引きつらせて、戻ってきました。
僕に一言

「大丈夫か?」

と聞いてきました。
僕は

「すまん」

と一言と何で逃げたかを説明しようとしたそのとき、友達は

「そんなんはどうでもいい」

と言い、とにかく友達が

「ファミレスに行こう」

といって、ファミレスに行きました。
ファミレスにつき僕が逃げた時の話を友達がしてきました。
僕が

「やばい!逃げろ」

と叫んだとき、友達はふざけていると思って僕を見ると、僕の後ろに光がついてきてたらしいのです。
これはやばいと友達も感じたらしく追って来てくれたらしいのですが、トンネルを抜けるとその光はきえた。
と友達がいいました。
冷静に考えるとすでに、鈴の音がなっていた瞬間、もう僕の後ろには何かがいたと思うと、中途半端な霊感を怨みました。

あれから、その場所に何回か行きましたがそのような体験をしたのはそれっきりです。

コメントを残す