ネットで見つけた心霊スポットの体験談を紹介していきます!

九州/沖縄地方, 佐賀県

三瀬峠 その3

佐賀県の心霊スポット「三瀬峠」にまつわる怖い話

佐賀県の心霊スポット「三瀬峠」にまつわる怖い話

今から10年前学生の頃、福岡と佐賀の県境に三瀬峠というのがあるんだけど、この峠山頂のところはトンネルになっていて有料のトンネルか、無料のグリグリした旧道を選んで行けるんだけど、友達がシルビアを兄貴から譲って貰ったていうんで、早速ドライブに行った。

友達と彼女、俺ともう一人の友達で行った。
計4人。
道がぐりぐりしている旧道の方が攻めがいがあるというので、旧道に入った。

その旧道の途中に脇道の入り口があった。
前原あたりに抜ける脇道があるらしい、と聞いていたのでこれだろうということで入った。

その脇道。
アスファルト舗装はずっと続くのだが延々、まわりが杉に覆われて街灯の一つもない。




行けども行けども山道の中で、とにかく雰囲気が怖かった。
怖すぎくらい怖くて、いつもは強気な友達も、違う世界に入ったみたいだなどと怖がっていた。

そのあまりに怖い山の脇道を一時間くらい彷徨った。
やっと前方に標識が見えた。
どうやら国道にでれるらしい。

ほっとした。
その時、左手の谷間のとこで、もの凄い光の玉がうろうろ飛んでいるのが見えた。

『火の玉か!?』

と思ったが、昔見た火の玉がこぶしぐらいだったのにくらべ、もの凄く大きく直径4メートルぐらいの光の玉に見えた。

青白くて不気味。
それが火の玉みたいにぐらぐら飛んでいる。
2分ぐらい飛んだところで消えた。

あとで聞いたんだけど、その脇道は自殺の名所らしい。
あの火の玉、火の玉なんだけど、もの凄く大きくてエネルギー弾みたいだった。

コメントを残す