ネットで見つけた心霊スポットの体験談を紹介していきます!

北北海道, 北海道

中標津開陽台

北海道の心霊スポット「中標津開陽台」にまつわる怖い話

北海道の心霊スポット「中標津開陽台」にまつわる怖い話

今から20年近く前、中標津開陽台で体験したことです。
私は一人オートバイで日本一周ツーリングをしていました。

途中出会ったツーリストから、全周地平線が見渡せる絶景ポイントがあると聞き、そこを訪れました。
今では立派な駐車場や展望台ができて、すっかり観光地になっています。

しかし当時はただの野原で、私のように口コミで此処のことを聞きつけたツーリスト達が、テントを張ってたむろしているだけでした。
バイクで頂上まで上りテントを広げていると、たむろしていた連中の中から三人ばかりがこちらへやってきます。
そして、声をかけてきました。

「この場所のことを何処で知ったの?」

旅の途中で会った人から聞いたんだけど、ここから見る景色は最高だって。

「困るんだよな、あんまり人に言いふらされると。見物人が増えちゃってさ」

その言い方にカチンときたので言い返しました。

「ここは、おまえの土地か?そうじゃないなら誰が来ようと、そいつの勝手だろ。」

強い調子でそう言うと、すごすごと引き下がっていきました。
何日もここに泊まって主のような顔をしているバカと、その取り巻きがいる側は気分が悪いので、私は少し離れた所にテントを張りました。




その夜、いつもは一旦寝たら滅多なことでは起きないのに、急にトイレにいきたくなりました。
闇の中に出て小用を足していると、ふいに前方に光りが浮かび上がりました。
何だろうと目を凝らすと、宙のある一点から光りが滝のように流れ落ち、宙に吸い込まれるように消えていきます。

背筋が寒くなりテントに駆け戻ると、シュラフに潜り込みました。
ですが寝られず、震えていました。

その間ずっと、テントの周りを誰かが歩きまわっているのです。
空が白々とする頃、足音は途絶えました。

夜が明けきって、恐る恐る外を見ると、足跡はどこにもありません。
まだ他のテントは寝静まっていましたが、私は一刻も早くここから逃れたく、さっさと荷物をパッキングするとオートバイに跨り、開陽台を後にしました。

その時、奇妙な事に気づきました。
ここにたむろしている連中は、狭い範囲に密集させるようにテントを張っているのです。

よく見ると、低い石垣のようなものが築いてあって、その中にみんなテントを張っていました。
その石垣の外側に張ったのは私だけでした。

その後、旅を続けている間、いろんな人にその体験を話しましたが、誰も知りませんでした。
あれは自分が寝ぼけていたんだなと思い始めていた頃、根室で地元のライダーと話しをしていて、何気なくその体験を話しました。
すると

「あんた、石垣の外にテントを張っただろ」

と言うのです。
そして彼は、開拓時代に開陽台で5人の若者が吹雪に遭って亡くなり、その霊がいまだにうろついているのだと言いました。

「頂上から少し下がった所に慰霊碑があっただろ」

確かに石碑があったことを思い出しました。
数年前、再び訪れると、もう石碑はありませんでした。

私が光りを見たキャンプサイトは大きく広がって、石垣もなくなっていました。
遭難者の霊達は、賑やかになって喜んでいるのでしょうか?

コメントを残す