ネットで見つけた心霊スポットの体験談を紹介していきます!

宮城県, 東北地方

八木山橋 その6

宮城県の心霊スポット「八木山橋」にまつわる怖い話

宮城県の心霊スポット「八木山橋」にまつわる怖い話

昭和56年冬、仙台市の八木山橋での事。
友人3人と一番町で呑み、車で青葉城についた頃は午前1時を過ぎていた。

私一人が八木山橋の中央に立ち、自殺者or幽霊の真似をして、行き交う車を驚かそうという魂胆だった。
30分位の間に3台程車が通り、私が橋の中央でうつむいて立っていると、その3台ともスピードをあげて、一目散に逃げていった。




幽霊話のほとんどは、今、俺がやっている悪戯なんだろうな。
そう思った。
友も飽きたのか

「帰ろう」

と迎えに来た。
私は、橋の中央から橋下に向けて、小用をたして橋を離れた。

車に乗り込む頃から、今まで経験した事がない頭痛におそわれ、特に両方のコメカミの部分に激痛が走った。
その頭痛は翌日の夕方まで続いた。

コメントを残す