ネットで見つけた心霊スポットの体験談を紹介していきます!

奈良県, 関西地方

鶯の滝

奈良県の心霊スポット「鶯の滝」にまつわる怖い話

奈良県の心霊スポット「鶯の滝」にまつわる怖い話

僕が19歳の時でした。
当時専門学生だった私はクラスメートと一緒に奈良の若草山へ行きました。

時間は夜の10時頃。
山奥にすすむにつれ電灯が無くなり、道路は舗装されていない砂利道へ。

ドンドン進むと一方通行の道となり侵入禁止となったが、人通りも全くなかったので逆走にて走行を続ける。
後に左手側に朱色で塗られた木造の橋を発見。

車を停め橋を渡り、奥まですすむと滝があって、水が綺麗な感じだったので僕だけその水を一口二口飲んだ。
滝の奥まで進んでみたが特に変わったものは無かったので、仕方なしに路駐している車の元へ。

エンジンをかけ更に一方通行を逆送し続けると、ゲートが閉まっていたので敢え無く戻る事に。
Uターンをし終えて下山しようとした直後、運転手だった私が見た物は、車のバックミラーの左端に映る白い影。

しかもサイドミラーには何も映っていない。
友達に白い影が映っていると言っても他の人には何も見えていない。

そう。
見えていたのは私だけだった。
下山するまでその影がミラーに映ったままで、奈良公園辺りになるといつの間にやら消えていた。




それから友達が生駒で借りているアパートまで戻った。
車は近くにコーナンがあって自由に停める事が出来たが、朝方店員に文句を言われたらバカバカしいので、近所にあった田んぼの畦道(あぜみち)に駐車。

友達の家で1時間ぐらい経過してから、朝方農家の人に迷惑をかけてはいけないと思い、畦道からコーナンの駐車場に移動させようと思い、友達と2人で車に乗りドアを閉めた瞬間

「ヴゥァァン」

と後部座席から男の唸るような低い声が!
私だけ聞いたのかと思い助手席に乗った友達に

「今の声は聞こえたか?」

と確認をしてみたところ、どうやら聞こえた様子。
バックミラーは怖くて見れなかったので、すぐさまコーナンの駐車場に移動させ、ダッシュでアパートへ戻る。

他の友達に状況を説明してみた所、誰も信じない。
気持ちが悪い為すぐさま布団に潜って寝た。

深夜3時頃、私は急に目が覚めた。
そして何やら物音がするので耳を澄ませて聞いてみたら

『ドンドン…ドンドン…ドンドン…』

と一定の感覚で外から窓を叩く音が…
誰かいるのか確かめる為にカーテンを開けると、そこには誰もいなかった…

コメントを残す