ネットで見つけた心霊スポットの体験談を紹介していきます!

京都府, 関西地方

深泥池 その3

京都府の心霊スポット「深泥池」にまつわる怖い話

京都府の心霊スポット「深泥池」にまつわる怖い話

深泥池は雨の夜だよ。
深夜でなくてもいいんだけどね。

あそこに有る病院は今はどうか知らないけど、その昔は結核の隔離病棟があったと聞く。
死の病だった結核にかかった人を隔離してたんだって。

だから病を苦にした人が池に身を投げたりとかそういう噂が多かったんだよ。
古い池だからいろんな事があったらしい。

平安期の古い船が沈んでるとか、落ち武者がそのまま池の底に立ってるとか…
調査ではそんなもの出てこなかったらしいけどね。




噂話が有名になったから池も有名になったけど、本当に恐い思いをしたのは近所に住んでたり、俺のように子供の頃にずっと夜釣りに行ったりしてた奴とか。

廃虚は今は無い。
以前は池の北西、水門がある所に古い民家の跡があった。

その横がよく釣れたんだけど、ある日、誰も釣ってないからと思ってそこに行ったら、花と線香が供えてあったので、

『あぁ、あがったな』

って、しばらくはそこで釣らなかったのを覚えてるよ。

コメントを残す