ネットで見つけた心霊スポットの体験談を紹介していきます!

和歌山県, 関西地方

白崎青少年自然の家

和歌山県の心霊スポット「白崎青少年自然の家」にまつわる怖い話

和歌山県の心霊スポット「白崎青少年自然の家」にまつわる怖い話

白崎海岸近くに『白崎青少年自然の家』ってのがありましてね。
いやぁ、あるのかなぁ、今でも。

で、そこでもって「リーダー研修」ってのが子供の頃にありましてね。
近隣の小学校から何人かづつ寄ったりなんかして、合宿したんだ。

で、昼間はなんだかんだでレクリエーションしたり、カレーライス作ったりで、そりゃあ楽しかったんだ。
そうこうするうちに夜になりましてね、いくら元気な子供でも、そりゃあ疲れますよねぇ。

だけどねぇ、消灯時間になってベッドに入っても寝付けない。
外はいつのまにか雨が降ってまして風も強い。

わたしね、寝付けないもんだからリュックからマンガなんか出したりして枕元の壁、横の壁なんですけど、そこにちっちゃなライトがありまして、それをヒョイッとつけて読んでた。
するってぇと、

「コンコン…コンコン…」

音がする。

『なんだろなぁ…』

と思いながらも読んでた。
すると、また

「…コンコン…コンコン…」




なんですかねぇ、その枕元のね、壁のライトから音がする。
あたしね、叩いてみたんですよ、そのライトをね。

「…コンコン…コンコン」

そしたら、向こうから

「…コンコン…コンコン」

同じ研修で来てるヤツがね、隣の部屋でもって叩いてやがんだと思って、

「おい、ダレかいるのか?」
「いるよ。」

『お!俺と同じように眠れないヤツがいるよ!』

って楽しくなりましてね、それから、そいつと好きなヤツいるのかとかねぇ、ウチの学校にはこんな先生がいるよ、なんてことをあーでもないこーでもないって話しが盛りあがりましたよ。
で、そのうち眠くなりまして

「眠くなったから寝るよ」
「じゃあ」

ってな具合で寝ましたよ。
次の朝になりましてね、

「あ、そうだ。昨夜のヤツ起きてっかなぁ」

なんて部屋を出まして隣の部屋の前にいきましたよ。

「あっれぇ~?名前ないぞぉ」

ないんだ。
部屋の前に名前の札をいれるところがあるのにそこに名前がない。

自分の部屋の前にも他のヤツのとこにも名前があるのに…。
よく考えると、ず~っと並んでる部屋。
あたしの部屋でメンバー全員なんだ。

あるわけないんだ。
隣の部屋に誰かがいたなんてことはねぇ。

あれは誰だったのか、結局わかりませんでしたよ。
あるんですよねぇ、こういうことって。

コメントを残す