ネットで見つけた心霊スポットの体験談を紹介していきます!

新潟県, 甲信越地方

ホワイトハウス その3

新潟県の心霊スポット「ホワイトハウス」にまつわる怖い話

新潟県の心霊スポット「ホワイトハウス」にまつわる怖い話

ある日の夜、カップル2組の4人で海に行くことにしたそうです。
目的はただ夜の海に行くってことだったらしいのですが、そこのすぐ近くに地元では有名のホワイトハウスという心霊スポットがあることに気付きました。

そのことに気付いた彼らは、ホワイトハウスに行こうということになりました。
ホワイトハウスに行くには小さなトンネルを通らなきゃいけないのですが、女の子のうちの1人が、

「あたしここ無理!行ったら帰ってこれない!」

と、頑なに行くことを拒んだそうです。
しかし強引に彼女も連れて車を降りて奥に進みました。

ですが、さっき行くのを拒んだ彼女が突然失神してしまったそうです。
さすがにその時点で

『本当にここはやばい』

と他の3人も感じ、車に戻ることにしました。
車に戻り、彼女が目を覚ましたと思ったら…
その表情は白目をむいて、この世の言葉とは思えない意味不明な言葉を発しながら暴れだしたそうです。




なんとか3人で彼女を落ち着かせ、なんとか元の様子に戻った彼女。

「わたしトイレに行きたい』」

というので海の近くの公衆トイレに行ったそうです。
また様子がおかしくなったりしたら心配ということで、女の子2人でトイレに向かい、1人は出入口で待ってたそうです。

しかし結構な時間になってもなかなか出てこない…
心配になった女の子はトイレを覗きました。

すると彼女は個室には入らず、ひたすら壁に向かって歩いていたそうです。
(壁にあたって進めないのに足踏みしてる感じ)
その様子を見た女の子は怖くなり、男2人に助けを呼び、なんとか無理矢理トイレからひきずり出しました。

すると今度はトイレの中で向かってた方向と同じ方向に一人で歩いていくというのです。
その子の彼氏は

「どこに行くんだよ!車戻るぞ!」

と、彼女の手をひっぱったのですが逆にひっぱられてしまい、

「すごい力だ!助けてくれ!」

そう、助けを呼んだそうです。
そして3人で引っ張ったものの、その力に勝つことは出来ず、結局また無理矢理彼女を抱え、車に戻ったそうです。。

これは、先輩が専門学校時代の話らしいのですが、そのあと彼女はすぐ学校を辞め、10年以上経った今でも行方不明となっているそうです。

コメントを残す