ネットで見つけた心霊スポットの体験談を紹介していきます!

茨城県, 関東地方

大曽根緑地

つくば市の大曽根って所に大曽根緑地って森がある。
中には鹿島神社ってこじんまりした神社があり、その神社をぐるっと一周、散歩コースみたいのとか、奇妙な公衆トイレのような物、子供は遊ばなくなった遊具、管理されていない散歩コース、その途中にあるベンチとか、自然が多く、住宅街からそう遠くない。

公園として機能させればとてもいい場所だと思う。
なぜ使われなくなったのか。

森の中に神社があると知ったきっかけになった出来事が、高校生の彼女がいるんですが、ある日、うちで大喧嘩して泣きながら出て行ってしまいました。
彼女。

少ししたら戻ってくると思ったんですが、戻って来なかった。
私は心配になり、近所を探し回りました。

なぜなら、彼女の家は歩いてかえるには遠かったからです。
私は彼女を探して、なぜか誘われるように、森に入りました。

獣道のような所を入っていきました。
神社がありました。




そこにはひやっとした空気。
鳥居、狛犬。

神社の裏にいました。
彼女。

座って、泣いていました。
その手には果物ナイフが。

ナイフは、うちの台所のものでした。
ちなみに彼女は極度の怖がりで、昼間とはいえ、暗い、森の中に入ってくるなんて、おかしい!ありえない事だと思いました。

泣く彼女の手を引き、うちに戻りました。
その場にはいたくなかった。
後で話しを聞くと、悲しく、寂しい気分でいたところ、無意識に森にむかっていたそうです。

後日、友人とその森を探検しました。
探検と言っても森への出入り口を確認し、散歩コースみたいのを一周しただけですが…
私はなんとなく

『嫌な場所だな。』

と思いました。
しかし、帰宅後、友人二人が言っていたのですが、現地では言いたくなかったそうです。

空気がすごく、不自然だったそうです。
昼間に行ったのですが、夜は絶対に行きたくないそうです。
ずっと嫌なものを感じていたようなニュアンスのことを話しておりました。

コメントを残す