ネットで見つけた心霊スポットの体験談を紹介していきます!

三重県, 東海地方

青山峠

三重県の心霊スポット「青山峠」にまつわる怖い話

三重県の心霊スポット「青山峠」にまつわる怖い話

私の住む大阪から三重へは名神、名阪だと遠回りになるので、いつも国道165号線を利用しています。

途中、国道なんですが狭く対向車との擦違いも困難な青山峠を通過しなければなりません。
頂上にはトンネルがあり、その先は広場になっていてました。

今から三年前の春、ちょうど桜の散りかけた頃のことです。
朝八時半、ちょっと疲れたので車を止め、窓も全開で、その日に買った雑誌を読んでいました。

約15分後…
後ろから

「ミシィ…ミシィ…」

と足音が聞こえたのです。

『あれっ?』

と思いバックミラーで確認しても何も見えません。




錯覚だと思い雑誌を読み続けると…
また後ろから

「ミシィ…ミシィ…」

と足音が聞こえてきました。
二回目は気持ち悪く、車から降りて見回しましたが何もありません。

『気のせいか…』

無視してまた雑誌を読み続けるとまた…
人の足音が聞こえてきました。

…こっちに近づいてくるような…
三回目になると、はっきり聞こえます…

ミラーを見て何も見えません。
霊感の無い私ですが、とんでもない恐ろしさを憶え、車を走らせ、そこから離れ峠を降りました。

やはり、最後まで確認するべきでしょうか?
晴れた春の朝の奇妙な体験でした。

コメントを残す