ネットで見つけた心霊スポットの体験談を紹介していきます!

京都府, 関西地方

雲ヶ畑広場(?)

京都府の心霊スポット「雲ヶ畑広場(?)」にまつわる怖い話

京都府の心霊スポット「雲ヶ畑広場(?)」にまつわる怖い話

去年の秋頃に、雲ヶ畑いく途中の道で、細くなる出前の川沿いにBBQできるような場所で路肩が広くなった辺りに爺さんが立っていた。
その辺りまで、ゴミの不法投棄が多いらしく立て看板が幾つかあった。

遠くから、広くなった部分に人影が見えたので監視員がいるのかと思った。
対向車がいなかったんで、その人を避けるようにハンドルを切った。
隣にいた家族が驚いたんで、

「爺さん立ってるやん」

と言った。
しかし、家族は

「居ない!」

と言う。




すぐにサイドミラーを見たら、家族の言うとおり誰もいない。

「ごめん。見間違えかな」

と、言いスルーした。
僅か数秒で、逃げも隠れもできない場所だ。
服装は、紺色のズボンに長袖ポロシャツ、白の野球帽(国体役員風)。

『雰囲気からお亡くなりになられた後も不法投棄の監視をされているのか?』

と思ったら、少し切ない気分になった。
あくまでも霊感がないので本当の所は解らない。
なんとなくそう見えただけ…

道沿いの林の中に冷蔵庫とかふとんが捨ててあったし、酷いなとは思っていた。
その後、普通に車を運転しながら、心の中で

「爺さんご苦労様」

と言った。

コメントを残す