ネットで見つけた心霊スポットの体験談を紹介していきます!

四国地方, 香川県

S市のおかしな家(詳細不明)

廃墟イメージ

廃墟イメージ

S市に小学卒業まで住んでました。

家庭の事情で引越しが多かったのだけど、一軒、おかしな家があったよ。
公営団地下のコンクリートに囲まれた日当たりの悪い家で妙なことが立て続けに起こりました。

まず、頑丈な両親が高熱で倒れる、父母の郷里でお墓参り中、脇にあった小さな石碑?が倒れてきて妹が骨折(不思議な話だけど事実)。
当時、8歳くらいだった私は原因不明の頭痛があり、病院でCTスキャンを受けたりしました。

最近、兄弟でこの家の話題になり、またもや新事実。
妹、弟そろって言うには『なぜか、毎晩夜中にふと目が覚めると部屋の隅におじいさんが座ってたんだって!』

妹の印象はお坊さん、弟はおじいさんちなみに妹はトントンじじいというあだ名を付けていた木魚の音が聞こえたらしい??
この話を聞いてゾーッとしました。




当時、妹は五つくらい、弟は三つか四つくらいで夢かなぁとも思っていたそう…
記憶も曖昧なので…

ふたりとも今まで言わずにいたんだって。
お互い驚いてた。

妹は母に訴えたことがあるらしいがとりあってもらえなかったって。。
未だに両親はそういう話を信じようとしないけど、ふたり揃って同じもの見てたって妙ですよね。

私はそういうのを見てないし、子供だからそんな神経質にも考えてなかったけど、そういう不思議なことってあるのかなぁ…と思う。

そういう経験もあって家選びはなんとなく慎重に。
当たり前だけど日当たり、風通しの悪い家はよくない。

印象の暗いというか、妙~な家も。
土地的に変なとこに建ってる家はやはり良くないのかも。

コメントを残す