ネットで見つけた心霊スポットの体験談を紹介していきます!

大阪府, 関西地方

地下鉄のとある終点に近い駅(詳細不明)

地下鉄イメージ

地下鉄イメージ

地下鉄のとある終点に近い駅での話。

最終列車の客が全員改札まで出たのを確認して改札階まで戻って来た所に、ホームの方からチャイムに続いて回送列車の通過を告げる自動音声が流れた。
まぁいつもの事だから気にもしなかったんだけど、突然

「ファーン!」

って警笛の音が響いた。
っと思ったら、

「ギギギーッ」

って電車が急停止する音が響いたた。

「なんだ?」

と飛び出して来た先輩と顔を見合わせていると、

「ファファファファファーン!」

と、ホームに止まったらしい電車から警笛が続けて鳴らされた。
これは運転士からの『駅員来い』って意味の合図だから、

「なんだなんだ?」

と二人でホームに降りたら、中途半端な所に電車が止まっていた。




と、まだ新米の運転士がガタガタ震えながら降りてきて、

「スンマセン、やっちゃいました」

と震える声で言い放った。
それを聞いた先輩は慌てて被害者を確認する為に列車の後方へ駆け出してしまった。
列車の中を通って駆けつけた車掌と一緒に

「とにかく落ち着け!」

と運転士を宥めて話を聞いてみると、

「ホームの端から男が飛び込んで来て、慌ててブレーキをかけたが間に合わなかった」

と言う。
でも、電車を見ても血痕も傷も全然見当たらないし、人身事故特有の臭いがある訳でも無いし、先輩も

「誰かが轢かれた様子は無い」

と言う。
念の為、電気を切ってもらってから車両の下を確認してみたけど、やっぱり誰かが轢かれた形跡は何処にも無い。

結局、運転士の幻覚って事で無理矢理話を終わらせて、そのまま回送列車を出した。
…この駅で昔あったんだよね、終電直後の回送列車に飛び込まれた、って事故が。

ホームの見回り強化も、元々はそれが理由なんだよ。
…という話を市交のとある職員氏に聞いた事があるんだけど、何処の駅だろ?

コメントを残す