ネットで見つけた心霊スポットの体験談を紹介していきます!

和歌山県, 関西地方

株井峠

和歌山県の心霊スポット「株井峠」にまつわる怖い話

和歌山県の心霊スポット「株井峠」にまつわる怖い話

中津村のかぶい峠は地元では有名で、峠のぼりきった所にトンネルが有るんだけどそこに出ると言う話。
結構照明もちゃんとしてて明るいんだけど、当時は皆口をそろえて

「あそこはヤバい」

って言ってた。
そんなに長い道程では無いのだが、ふもと集落からトンネル迄照明は無く、山間の暗い道は交通量の少なさも相まって無気味だった。

工房当時俺はH高校かよってたんだがツレと後輩は分校の方で、故にこっからは伝聞になるんだが。
後輩は霊感が強いらしく、それをきいたツレとその悪友はそいつを軽トラの荷台に乗せて夜中にかぶい峠をのぼったそうだ。




でトンネル手前に差し掛かったときそいつはガタガタ震えながらトンネルをくぐるのを嫌がったらしい、問いただした所

「トンネルの入り口に数個生首が浮いている、凄い形相で睨んでいる」

だがツレとその仲間は霊感のレの字も無いので無視してトンネルに突入、その瞬間後輩は白目剥いて痙攣しだし泡を吹き始めた。
パニックになった一行はその場でバック、トンネルから出てUターンしふもとまで一目散に逃げ帰った。

後輩はなんとか朝迄に意識を取り戻したらしいが、その後お払いやら祈祷であちこち巡るはめになったらしい…
実際該当する期間そいつに合う事は殆ど無かった。

この話がホントかどうかは当事者で無いと解らない。
だが俺は帰省するとき、未だにかぶい峠は避ける様にしている。

コメントを残す