ネットで見つけた心霊スポットの体験談を紹介していきます!

山形県, 東北地方

滝不動 その3

山形県の心霊スポット「滝不動」にまつわる怖い話

山形県の心霊スポット「滝不動」にまつわる怖い話

数年前ですが米沢に長期出張に行っており、宿を米沢郊外のす○れ荘という所に宿泊し、仕事に通っていました。
フキノトウがたくさん生えてたのが印象的だったので、4月の初旬位かと思いますが、その日は仕事が早く終わったので宿の裏にある山道を探索しようと思い、山道を登っていたところ、山の中から

「カツーン、カツーン」

という聞きなれない音が時折聞こえてきました。
伐採かなとも思いましたが、ちょっと違う感じの音で、また伐採など行うにはこの時期は無いだろしないだろと思いました。

おまけに音が聞こえる方角に行くには私が上っている道しかなく、その道は車の進入は不可能なほど荒れていました。
音の発生位置などを特定しようと思い足を止め耳を澄ますとその音は聞こえてきません。

『ちょっと気味が悪いな』

と思いましたが、日暮れには時間が有るし気にしないようにして小一時間ほど歩き、同じ道を引き返しました。




その帰り道ですが、来る時に『滝不動』という標識があったので帰りに寄ってみようと思い、その方向に行ってみました。
そこには高さ10m程度の滝があり、その滝の上のほうに不動尊がありました。

その不動尊を見ているとなぜかそこに行ってみたくなり、衝動的に登ってしまいました。
登ってから足場が非常にすべりやすい事に気が付きましたが、すでに遅く

『チョットまずかったな』

と思い、気をつけて降りようとしたところ、案の定転倒してしまい、もう少しで小さな滝壷に落下する寸前で止まりました。
その後何とか下まで降りることが出来たので、感謝の意味を込め、そこにあった賽銭箱に小銭を入れたところ、先ほど山の中で聞こえていた

「カツーン、カツーン」

という音が、近くから聞こえてきました。
私はかなりあせって、走って人家があるとこまで戻りました。
ほっと、一息ついて怪我は無いかと思い確認しましたが軽い擦り傷以外はなく、安心しました。

『今何時だろう?』

と思い腕時計を見たところ、ガラスが綺麗にぱっくり割れていました、時計の外装や文字盤には全く傷がなくガラスだけが綺麗に…

後日談としては時計の修理代に3万以上かかった位ですが、その時計は大切な人からもらった物だったので、今でもその時計が守ってくれたのかなと思っています。

コメントを残す