ネットで見つけた心霊スポットの体験談を紹介していきます!

北陸地方, 富山県

富山県の南部の山道(詳細不明)

山道イメージ

山道イメージ

大学時代の夏休み、金沢の大学に進学した友達を送るために長野の大学に行った別の友達の運転で石川を目指してたんですが、高速降りた後の富山県の南部で、道を間違えてとんでもない山道に迷い込んだことがありました。

時刻は午前の3時か4時を回った頃だったと思います。
迷い込んだ山道、国道か県道の400番台の道路だったと記憶していますが…
自信ないです…

本当にとんでもない山道で、雲か霧がうっすらかかるほど標高が高いのに、普通車の車がようやく1台ギリギリ通れるほどの道幅で、しかも斜面側へのガードレールもなし。
おまけに、反対の崖側に、不定期に膝丈ぐらいのお地蔵さんが並んでいる…




見慣れない土地で奇妙な道に迷い込んだだけでも不安なのに、そんな道のりが1時間半ほど続いて3人ともくたくたでした。
ようやくそんな不安定な山道を抜けて、たしか発電所を越えた先で、見かけたのが不思議なものでした夏の時期とは言え、まだ夜が明ける兆しが見えない時間帯に、この先使われてるかどうかもよくわかってない発電所しかない山道を、おじいさんがテクテクと登ってくるのが見えました…

3人一同、全員恐怖で声も出ず、おじいさんをまともに直視できませんでした。
本当に生きた生身の人間なのかを確かめたり気持ちもありましたが、とにかく怖くて後ろを振り返ることもできず、3人ともその後金沢市内に着くまでまともに口をききませんでした…

それっきりその山道に近づいたことは1度もないのですが…

コメントを残す