ネットで見つけた心霊スポットの体験談を紹介していきます!

北北海道, 北海道

静内川

北海道の心霊スポット「静内川」にまつわる怖い話

北海道の心霊スポット「静内川」にまつわる怖い話

もう20数年前の話です。
日高管内の静内町のお話でございます。

静内小学校で遠足に行きました。
行き先は判官舘。

その帰り道、数名の男子がふざけて橋を渡らず静内川を渡ろうとしたのです。
男子たちが対岸に着いたときに事件が起きました。1人、男子がいないのです。

警察・知り合いで構成された捜索隊が辺り一帯を捜索したのですが、結局男子はみつからず…
ややしばらくして(数週後)諦めムードが漂う中、親御さんが呼んだのか、一人の霊媒師が呼ばれ、霊視をもって男子の居場所(?)を割り出そうとするものの失敗。
万策尽きたと思われたとき、同じ学校の女子が

「○○くん、あそこにいるよ」

とある場所を指差したのです。
その場にいた大人たちは、まあ万が一のこともあるだろうと、その女子の指した場所を捜索すると…。

出てきたのです。
男子の遺体が…

これは有名な話です。
当時を知る人なら誰でも知っている話です。

ところが。
これだけでは終わらなかったのです。

その事故があって数ヶ月後。
静内川にかかる静内大橋でのお話でございます。

若い女性2人が乗った乗用車が橋の中央部、欄干に激突。
運転していた20代の女性が即死。
助手席に乗っていた同じく20代の女性も骨折の重体。

その事故直後を目撃した主婦の方の話ですと、亡くなられた女性はシートベルトをしていなかったのか、フロントガラスに頭をしこたま打ち付けたようで、脳漿がフロントガラスいっぱいに飛び散っていたそうです。

溺死した男子の事件以来、静内大橋では大なり小なり交通事故が絶えないようです。

コメントを残す