ネットで見つけた心霊スポットの体験談を紹介していきます!

京都府, 関西地方

大原の廃屋(詳細不明)

廃墟イメージ

廃墟イメージ

昔、4人の家族があの家に住んでいたそうです。
ある日、借金を苦に両親が幼い姉妹を刺し、両親はお互いに刺し合い亡くなられたそうです。

私の姉が、夏の夕暮れ時にあの廃屋に入り目にした物は、一番奥の部屋(当日、台所だったようです)の床は腐り落ちていましたが、天井には夥しいほどの茶色く変色した血が飛び散り、玄関すぐ横の壁には、小さな子供の手で付けられた、血の後。

両親に何も知らない間に刺され苦しかったのでしょう。
怖かったのでしょ、玄関まで行き誰かに助けを求めたのでしょう、そこで力尽きた後だそうです。

私も以前行きました。
が、あまりの異様な空気に入ることが出来ず、友人数人が入るのを外から眺めていました。

そんな時、二階の窓から女の子がこちらを恨めしそうに見ていました。
そして、部屋の明かりがつきました。(他に残った友人も見ました)

中に入っていた友人達は、慌てて飛び出してきました。
声を聞いたと…。

コメントを残す