ネットで見つけた心霊スポットの体験談を紹介していきます!

群馬県, 関東地方

牛伏山

群馬県の心霊スポット「牛伏山」にまつわる怖い話

群馬県の心霊スポット「牛伏山」にまつわる怖い話

2人の友達と一緒に夜中、牛伏山に現チャリでのぼったんだと。
頂上付近のカーブで休んでいると他の2人が

「赤い服を着た女の霊が居る。カーブミラーのとこだ!」

と騒ぎ出したんだと。
何も見えなかったOは2人がふざけたんだと思っていて、その日はそのまま家に帰ったんだと。
その翌日…。

その翌日の晩。
夜中にOは夜中にふと目覚めた。
体が動かない。

かなしばりだ。
Oはふと足元をみると…。

歳は20歳前後。
ぐるぐるパーマ。
赤い服。
全身、ぐっしょり濡れていたそうだ。

だが、Oはこれも、牛伏山のことが気になって夢でも見たのだろうと気にもとめなかったという。
それから、1週間後…。

1週間後、O君の自宅。
1戸建住宅。(高崎市)

夜、11時過ぎ。
Oの友人が遊びにきていたそうだ。(牛伏に行った2人ではない。)

Oの部屋は2階で窓からは小さな庭が見下ろせるそうだ。
友人はOの原チャリ借りて家の付近をあてもなく回っていたそうだ。

Oは一人2階で漫画を読んでいたんだと。
しばらくして、その友達が青い顔して部屋に戻ってきたんだと。

「おれ、幽霊見ちまったよ。」

というのだそうだ。
Oが詳しく聞くと、Oの家の庭に女が立っていたという。
その女の様子を聞いてOは愕然としたそうだ。

「赤い服を着ていて、ぐっしょり濡れていた。アタマはちりちりパーマだった。」

と言う。
そして…。

「その女何してたの?」

とOが聞くと友人は

『庭に立って凄い形相でお前の居た2階の部屋の窓をにらんでいたんだよ……。』

その後、Oは自律神経失調症で病院に入院してしまった……。

コメントを残す