ネットで見つけた心霊スポットの体験談を紹介していきます!

新潟県, 甲信越地方

内の倉ダム その2

新潟県の心霊スポット「内の倉ダム」にまつわる怖い話

新潟県の心霊スポット「内の倉ダム」にまつわる怖い話

去年の九月の終わり頃に母親の実家に家族で泊りがけで遊びに行った。
一日目は従姉妹のA子、そして私の弟と三人でカラオケに行ったりしていたが、二日目に暇をもてあまし、どこかにドライブに行こうという事になった。

A子:「新発田の内の倉ダムってところ行ってみない?あそこ出るらしいよ。」

ということで、私たち一行は私の運転で内の倉ダムに向かった。
従姉妹は新発田の高校に通っていて、去年そこを卒業したばかりだ。

内の倉ダムの話は在学中に友人から聞いたそうなのだが、詳しい事は知らないらしい。
午後一時過ぎ、野生の猿に遭遇したり道に迷ったりしながらもなんとかダムに到着した。

トンネルを抜けてすぐの所に車を止め、三人とも降車。
早速大きなダムを眺めてみるが、どこからどう見てもただのダム。

幽霊とはまるで関係なさそう。
釣り人までいる。
むしろのどかな雰囲気だ。
肩透かしを食らわされつつ周囲を歩いてみるが、やはり何も無い。

そこでなんとなく、来る時に通ったトンネルの中を歩いてみる事にした。
三人でトンネルに入ったが、昼とはいえ薄暗いトンネルの中はどこか不気味だ。
ピチャピチャと水の滴る音がさらに恐怖を掻きたてる。

弟:「ダムよりこっちの方がよっぽど雰囲気あるじゃん。」

全くその通り。
私は幽霊を信じてはいなかったが、こんな雰囲気は嫌だ。

しばらく歩くとある事に気付く。
トンネルの中は音が物凄く反響するのだ。

そのうち弟が面白がって携帯電話の録音機能を使いトンネル内の音を録音しだした。
弟は十秒ほど録音してその場で再生している。
と、スピーカーに耳を近づけて音声を聴いている弟の顔が青ざめた。

弟:「これ、ちょっと聴いてみて…。」

弟のただならぬ口調に私とA子は恐る恐る再生ボタンを押した。
私と従姉妹も青くざめる。
私達の会話の間に、

「ア゛アー」

とも

「ウァー」

ともつかない甲高い悲鳴のようなものが何度も録音されているではないか。
私達はすぐトンネルから出て、車で内の倉ダムを後にした。

その事をなんとなく思い出してネットで内の倉ダムを検索してみたら、幽霊が出るのはダムの方ではなくてそのトンネルの方であり、しかもトンネルの中で女性の悲鳴などが聞こえるのだと言う。
トンネルについてなんの予備知識もなく行った自分が噂どおりの体験をしていたのだ。

私は怪奇音などは『出る、出る』という人間の思い込みで聞こえるものなのだと思っていたが、この体験でその考えを変えざるを得ない程の恐怖を感じた。

コメントを残す