ネットで見つけた心霊スポットの体験談を紹介していきます!

北陸地方, 富山県

某廃温泉の社員寮(詳細不明)

高校1年の頃に先輩1人と同級生が4人と自分で計6人でもう潰れてしまった温泉の社員寮らしきところに行きました。
そこは管理人が押し入れで燃えて死んだという所でした。

そこが入口からすぐの所だったのでまずみんなでその管理人が死んだ押し入れを見に行きました。
焼け跡があるだけで特に何もなく、おもしろくね~なって感じで部屋から出ました。

次に左手に扉があり、そこは一つの部屋になってて正面には階段があり、左奥にはトイレがありました。
そこに入ると1つの裸電球が落ちていました。
先輩がそれを拾い

「おかしいな。」

と言いました。
自分はなぜかわからなかったので聞くと、そこは地元では有名だったので、いろんな人が何人も入っており電球とかはすべて割られている所で、先輩も何回も行っていて割れるものは何も残ってなかったそうです。

それで気持ち悪いなって事になって先輩がトイレの方の壁に向かって投げました。
すると電球は割れず先輩の足元まで転がってきました。

さらに気持ち悪くなって先輩がそれを拾い今度はおもいっきり投げました。
すると電球が割れた瞬間に今まで開いていた扉がバタンと閉じ、階段の上からは女の人の

「ぎゃぁぁぁぁ」

っと言う声が聞こえました。
それを聞きみんなで一斉に逃げだしました。

その逃げている途中で先輩が行きなり前にふっ飛んで割れたガラスの所に突っ込んで行きました。
あと3~4cm飛んでいると首が切れていました。

まぁ何とか逃げて状況を整理しようとみんなで話していると最後に逃げた人が階段の上から髪の長い女の人が覗いていたのを見たそうです。
それ以来そこには近づいてません。
それから少ししてその建物は崩されました。

コメントを残す