ネットで見つけた心霊スポットの体験談を紹介していきます!

東京都, 関東地方

東京都慰霊堂(震災記念堂)

東京都の心霊スポット「東京都慰霊堂(震災記念堂)」にまつわる怖い話

東京都の心霊スポット「東京都慰霊堂(震災記念堂)」にまつわる怖い話

もう10数年前に墨田区の震災記念堂に入った事がある。
近くの高校に通っていて、夏休み中の部活動で登校した帰りに寄った。

時間は2時過ぎで、夏真っ盛り、気温30度越えで木陰にいても暑い。
お堂前の公園(っていうか広場)で子供の声や近くの道路を走る車の騒音やセミの声がやたらウルサイ夏の日だった。

お堂の扉は開けっ放し。
中を覗く。

奥に祭壇というか、賽銭箱。
そこに続く細長い通路の両側に震災の地獄絵図。

一歩お堂の中に入る。
寒い。
半そでシャツから出る腕に鳥肌が立つ。
冷房がある訳ではない。
扉開けっ放しだし。

でも、外と中の気温差がかなりある。(気がする)
更に奥に…
さっきまで煩かった外の音が一気に消えたような気がする。

更に奥に…
怖くて行けなかった。

近くの幼稚園では、このお堂でお祈りしたりするようで、邪悪な場所というより、身元不明の死者の為の神聖な場所らしい。
怖いと思ったのは両脇にある地獄絵図ですかね?

もともと震災記念堂周辺は、安田財閥の土地で、地震による火事から逃れるために、財閥の土地に入った人たちが、火に囲まれ、炎の柱に焼かれ、酸欠で倒れ…などで多くの死者が出た場所。

コメントを残す