ネットで見つけた心霊スポットの体験談を紹介していきます!

岐阜県, 東海地方

千本松原

岐阜県の心霊スポット「千本松原」にまつわる怖い話

岐阜県の心霊スポット「千本松原」にまつわる怖い話

徳川幕府は琉球との貿易によって財力を得ていた薩摩藩を恐れて、毎年氾濫による被害が多発していた木曽三川の分流工事を薩摩藩に命じた。

宝暦年間1753年12月~1755年5月に掛けて工事に当たった。
40万両にも上る工事費用を捻出するため大坂豪商から借金を重ね、幕府へもたびたび専門職人の雇用許可を要請するも許可は下りず、工事のやり直しを命じられることがしばしばあった。

工事に派遣された薩摩藩士達の過労や伝染病による死亡が相次ぎ、また幕府に抗議して切腹する薩摩藩士達も続出した。
この件に関して、平田は幕府との摩擦を回避するため、切腹した藩士たちを事故死として処理した。




薩摩藩は最終的に病死33名、自殺者52名という多大な殉職者を出している。
分流工事は着工より1年3ヶ月ほどでようやく完成したが、平田靱負は藩への多大な負担の責任を取り自害している。

面白半分で肝試しに行った人達は霊に取り憑かれたという話がある。
高熱がでたり帰りの道で事故を起こしたり自殺をしたい気分になって死ぬ人も居たらしい。
幽霊が出るといった話は聞かないが歩いていると寒気がしたりするらしい。

コメントを残す