本当に怖かった心霊スポット体験談 〜信じる信じないはあなた次第〜

ネットで見つけた心霊スポットの体験談を紹介していきます!

中国地方, 岡山県

旧志戸坂トンネル その2

岡山県の心霊スポット「旧志戸坂トンネル」にまつわる怖い話

岡山県の心霊スポット「旧志戸坂トンネル」にまつわる怖い話

岡山県と鳥取県を繋ぐ旧国道373号(旧志戸坂隧道)のトンネルで、昭和9年~55年まで開通していました。
現在の志戸坂トンネルの開通に伴い、閉鎖されていますが、当時で565Mの長さは珍しかったそうです。

訪れた心霊マニアの中には、日の当たらない場所にある、土の入った発泡スチロールが並んでいるのが、何を栽培するのか、どうしてそんな物があるのかわからない人が多く、不気味だという声がありますが、実は、現在は岡山県の西栗倉村が管理しているようで、椎茸の栽培施設として活用しているとのことです。




ここでの噂は、トンネルへ向かう峠の途中に建っている地蔵尊がまずひとつ。
お堂の中には4体のお地蔵様が並んでいるのですが、何故かそのうちの1体だけが首がなく、老婆の霊が現れると言われている場所です。

そして、トンネルの前にある広場にあるトイレから、黒い人影がトンネル内に消えていくということも言われています。
トンネル内では、白装束の姿をした女性が目撃をされたり、トンネルで交通事故を起こし、命を落とした家族の霊が出るとも言われ、雑誌にも取り上げられたりしました。

コメントを残す

Theme by Anders Norén